ryo*k901

by フルグラ / since 2009.10.17

GARNET CROW、ニューシングル「Misty Mystery」詳細決定

GARNET CROW、10作目のコナンタイアップ「Misty Mystery」登場

GARNET CROWの33枚目となるニューシングル「Misty Mystery」が登場する。前作「Smiley Nation」から2か月、早くも8月31日のリリースだ。
◆GARNET CROW画像
前作・前々作のポップサイドから一転、ガーネット流デジダンスロックを取り入れたこの作品は、テレビアニメ「名探偵コナン」のオープニングテーマに決定しており、8月6日(土)18:00からオンエアが開始となる。コナンのタイアップとしてはデビュー曲「Mysterious Eyes」以来、これがちょうど10作目となる記念タイアップだ(2010年の劇場版「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」主題歌を含めれば11作)。デビュー曲同様に“ミステリー”というキーワードがフューチャーされている歌詞にもご注目を。
なお、初回盤には「Misty Mystery」のMUSIC CLIPが特典として付き、通常盤にはカップリング作品が1曲多く収録される。ビジュアルにしびれているファンは初回版を、楽曲に惚れている人は通常盤を、でも多くのファンは結局どちらもご購入、ということになりそうだ。
なお初回盤・通常盤どちらも初回生産分のみコナン×GARNET CROW“モーニングコール着ボイスがダウンロード出来るQRコード付き特製カード”が封入されているので、9月以降はメンバーの声で朝を迎えることができるようになる。お楽しみに。
「Misty Mystery」
2011年8月31日(水)
初回限定盤:CD+DVD
GZCA-7166 ¥1,365(tax in)
1.Misty Mystery
2.タイトル未定
3.Misty Mystery -Instrumental-
DVD「Misty Mystery -Music Clip-」収録
通常盤
GZCA-4135 ¥1,260(tax in)
収録曲
1.Misty Mystery
2.タイトル未定
3.タイトル未定
4.Misty Mystery-Instrumental-
※[初回限定盤・通常盤共通]初回生産分のみ封入特典
モーニングコール着ボイスがダウンロード出来るQRコード付き特製カード(絵柄全5種類・ランダム封入)[裏]メンバー4人のソロ・ショット+全員/[表]名探偵コナンコナン15周年ロゴ・プリント
◆GARNET CROWオフィシャルサイト

http://www.barks.jp/news/?id=1000071394

えーい、公式サイト全然更新されないしもうBARKSソースで書きます。相変わらずしっかりしてください
とりあえずやはりコナンタイアップでした。「ガーネット流デジダンスロック」というよくわからない形容の仕方をされていますが、デジダンスロックと聞くとアルバム『Crystallize 〜君という光〜』の作風を連想します。「Endless Desire」とかあの辺の曲調…はコナンに合いそうにないので、まあキャッチーな感じに仕上げてるんじゃないでしょうか。といっても昨年オープニング曲として起用された「As the Dew」は全然キャッチーではなかったしなー。まあオンエアを楽しみにしましょう。
…それはさておき。今に始まったことではないのですが、年々売り方がひどくなってます。今回に至っては遂に純粋な新曲でファンを釣ってきました。…「妥協なき製作集団GARNET CROW」(シングル「夢のひとつ」帯より)の肩書きをふと思い出してしまったのですが。なんだか薄っぺらく感じてしまいますね、こんな売り方されると。まあその肩書きも売り方も会社主導で決められたことなんでしょうけど、当然ながら。PVが見たければ初回盤を、曲が聴きたければ通常盤を、ってことですね。大概のファンはどっちも見たいし聴きたいと思いますが。それを目論んでの複数商法ですからね。個人的にはシングル「Doing all right」からレンタルで済ますようになったし、毎回PVの出来が素晴らしいってわけでもないので今回も新曲が1曲多く聴ける通常盤をレンタルするつもりなのでいいんですが。PV目当てで初回盤だけ買ってた人はどうするんでしょうね。やっぱりどっちも買うんでしょうか。それとも通常盤のほうはレンタル?どっちにしてもこんな売り方じゃ逆効果な気がしますが。そしてQRコード付き特製カードは全5種類ランダム封入。完全にアイドル商法ですねー…。しかもメンバー4人のソロショットと全員の絵柄の全5種類です。女性陣2人のソロショットはともかく男性陣2人のソロショットに果たしてどれだけの需要があるのか(笑) 男性ファンの多いGCなだけにこれはちょっとむごすぎるような。それは考えすぎか。いや会社が考えすぎ。ほんとよく考えますよ…。
先日発売されたシングル「Smiley Nation」も今回の「Misty Mystery」と同じくCD+DVDの初回盤とCDのみの通常盤の2種リリースでしたが、日本テレビ系「フットンダ」6月度エンディングテーマというタイアップの弱さからか、ブレイク作「夢みたあとで」以来、2009年のアルバム先行シングル「花は咲いて ただ揺れて」に続き2度目となる初動1万割れを記録。ブレイク以来最低初動、それ以前も含めると4番目に初動の低いシングルとなるなど、奮わぬ結果となってしまい、それを受けてかどうかは知りませんが、今回の初回盤の値段は「Smiley Nation」初回盤と同じ内容にも関わらず1260円から1365円に謎の値上げ。CDのみの通常盤が前回のDVD付初回盤と同じ1260円なのはc/wが2曲の全4曲収録なのでまだわかりますが…なんだか露骨。
まあビーイングも大変なんでしょうけどね。大量解雇もあって、今では所属アーティストも半分程度となってしまいましたし。GARNET CROWにはこんな売り方も気にならなくなるほどの曲になっていることを期待します。…とりあえずお金に余裕のあるファンは2枚賀いしましょう!そしてもっと余裕があればQRコード付き特製カードも全種類揃えちゃってください!だからといってメンバーと握手できたりお気に入りのメンバーに投票して一喜一憂したりすることはできませんが!!あ、自分は余裕ないし曲にしか興味ないんでレンタルです!!!

追記(13:34)

よく考えたら「カップリング作品」ってだけでまだ「純粋な新曲」かどうかはわからないんですね、早とちりしてしまった…すみませぬ。例えば通常盤に何らかの形のバージョン違いが収録されるだけ、であれば全然問題ないですね。まあ、ただのバージョン違いで通常盤限定収録とかややこしいすんなし、とか思ってしまいますが。「夢・花火」では初回盤・通常盤それぞれにバージョン違いの曲を限定収録、「風とRAINBOW/この手を伸ばせば」では両A面の収録順を逆にしたバージョンを同時発売しそれぞれの1曲目のTV Editを収録、「百年の孤独」では通常盤のみ収録曲のインストを収録、「Doing all right」ではAタイプとBタイプで収録曲2曲それぞれの別バージョンを収録…といった感じで色んなことを今までにもやってるんで、通常盤に追加収録される楽曲が「純粋な新曲」でなければ別にとやかく言うことでもありませんでしたね。現時点ではなんとも言えないけどそうだとすれば…ってだけで。一番良心的なのはCD-EXTRAにPVを収録して、1種類だけで出すっていう方法…は絶対やらないだろうな。

追記(13:50)

あ、やっぱりカップリングは新曲だそうです。

GARNET CROW、記念すべき10作目の「コナン」テーマ曲に起用

(略)ニューシングルは、タイトル曲をはじめ、カップリングに新曲(タイトル未定)を加えた全3曲を収録。発売形態は、初回盤と通常盤の2タイプ。初回盤は「Misty Mystery」のミュージックビデオを収録したDVDが付属。通常盤はカップリングに新曲(タイトル未定)を追加収録した全4曲という内容で発売される。

http://www.oricon.co.jp/news/music/89622/full/

なんなんだ、この振り回され具合は!公式サイトしっかりして!

Misty Mystery(初回限定盤)(DVD付)

Misty Mystery(初回限定盤)(DVD付)

Misty Mystery

Misty Mystery