ryo*k901

by ⊿ / since 2009.10.17

Perfume - 未来のミュージアム


未来のミュージアム(初回限定盤)

未来のミュージアム(初回限定盤)

未来のミュージアム

未来のミュージアム

Perfumeの17枚目のニューシングル「未来のミュージアム」買ってきました。前作「Spending all my time」から約半年ぶりのニューシングルで、3月9日公開の「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」の主題歌にも決まっている今回の新曲はあ〜ちゃん曰く「だいぶ寄せてきた」感じの曲調で、最近のヤスタカ曲で言えば、きゃりーぱみゅぱみゅの「キミに100パーセント」(テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」オープニングテーマ)にも通じるような小さい子どもでもすぐに覚えられて口ずさむことのできるようなメロディなんですが、どちらにも共通して言えることは一筋縄ではいかないヤスタカらしく、実はこっそりと低音がすごく強調されていたり、間奏や大サビで遊んでいたり、小さい子どもでなくても聴いていて楽しめる仕上がりになっています。そしてc/wの「だいじょばない」なんですが、こちらは発売まで「クールなPerfumeの一面を最大限に表現した楽曲」としか紹介されてなかった楽曲で、買って初めて聴いたんですが…これは本当に「だいじょばない」です…。カットアップを多用したアレンジ、目まぐるしく展開されるメロディ、どこをとっても全然だいじょばないです。あとこの曲、Aメロが一回しかなくて、あとはほとんどサビだけなんですよね。そういった変則的な構成も中毒性の高さの理由だと思います。いろんなPerfumeがあっていいと思うんですが、個人的にはやっぱりこういうバッキバキ系のPerfumeが好きですねー。懐かしいあ〜ちゃんの言葉を引用すれば「イェイイェイのウォウウォウ」的な。「未来のミュージアム」もいい曲なんですが、ライブで早く聴きたいと思えるのは断然「だいじょばない」の方なので。c/wにこういった挑戦的な曲を持ってくるのは「edge」や「FAKE IT」以来だと思いますが、「だいじょばない」が一番好きです。
初回限定盤は「未来のミュージアム」のビデオクリップを収録した特典DVD付きで、Perfumeでは恐らく初めてデジパック仕様となっています。ただのデジパックではなくブックレットが付属していて、そのブックレットには漫画風の演出になっているビデオクリップがまさしく漫画となって掲載されています。ビデオクリップに関してもコメントしておくと、あんまりああいったストーリー物のPVは好きじゃないんですが、“ヒト型ロボット・パフューム”の3人が「Spring of Life」のPVで着ていた衣装を着ていたり、敵に攻撃するシーンでのっちが「Spring of Life」のPVのワンシーンである目をカッと見開くシーンを再現していたり、かしゆかが「Spending all my time」のPVに出てくる積み木を崩す超能力を使って攻撃していたり、登場人物である男の子の目が「PTA」(ファンクラブの名前)になっていたりと、様々な小ネタがあって面白いです。あとPVの最後の決めポーズが「未来のミュージアム」通常盤のジャケットと同じポーズになっていたり。これは実際の振り付けでもそうですが。
なんというかシングルの2曲でここまで振れ幅の大きいアーティストも珍しいですよね。だけどどっちもPerfumeだと言えるって実はすごいことだと思う。Perfumeが既に独自のジャンルを築き上げている証拠だと思います。