ryo*k901

by フルグラ / since 2009.10.17

好きなアーティストをランキングで紹介してみた PART9

毎年4月と10月に懲りずにこれやり続けてますけど、今回の記事で当ブログ500記事目となるようなので1ヶ月前倒しで作成してみました。記念すべき500記事目にPART9という半端な数なのは深く考えないようにします。
( ※ 解散 / 引退していたり、活動休止中のアーティストや、各アーティストのメンバーのソロ活動はランキング対象外としています。)

サクラあっぱれーしょん(初回限定盤A)

1位: でんぱ組.inc

今回が初登場。ちなみに初登場で1位となったアーティストはランキング第9回目にして初のこと。
でんぱ組.inc古川未鈴相沢梨紗夢眠ねむ成瀬瑛美最上もが、藤咲彩音の6人からなるアイドルグループ。全員が「秋葉原ディアステージ」というイベントスペースに所属している、いわゆる「アキバ系アイドル」…今までの自分なら絶対見向きもしなかったタイプのアイドルなんですが(笑)、6人全員がアキバ系なだけあってコアなオタクで、先述のメンバー順にゲームオタク、アニソン・声優オタク、サブカルオタク、アニメ・漫画オタク、ゲームオタク(元ひきこもり)、コスプレオタク(踊ってみた動画投稿者)…といった具合。そしてでんぱ組.incの特徴はメンバー全員が暗い過去を持っていてそれを包み隠さず持ち歌(「W.W.D」「W.W.D II」)にしているということ。自分もそれを聴いて心をつかまれた人間の一人。もちろん、だからといって全員がどうしようもなく暗い女の子という訳ではなく(笑)、そういう過去を乗り越えて夢に向かって頑張っている女の子たちという所が一番の魅力なのでは。今もっともブレイク寸前のアイドルといっても過言ではないと思います。3月12日には9枚目のシングル「サクラあっぱれーしょん」をリリースするほか、現在敢行中の全国ツアーの最終公演として5月には初の日本武道館公演も決定しています。

所属レーベル: MEME TOKYO / TOY'S FACTORY
最新曲: 「サクラあっぱれーしょん」(ニューシングル / 3月12日発売予定)

Sweet Refrain (初回限定盤)(DVD付)

2位:Perfume

前回から1ランクダウン。(最高1位)
前回のランキング作成以降のPerfumeは、10月にアルバム『LEVEL3』をリリース、11月にシングル「Sweet Refrain」をリリース、12月にアルバムツアーとして東京・大阪2大ドームでそれぞれ2daysライブを敢行(うち東京ドームは2度目で前回は1日のみ)、2月にビデオクリップ集『Perfume Clips』をリリース、そして今月15日から対バンツアー『Perfume FES!! 2014』(東京x2/広島x2/静岡/石川/香川/鹿児島/韓国)を開催予定で、4月にライブDVD/Blu-rayPerfume 4th Tour in DOME「LEVEL3」』をリリース…という相変わらず地方ファンにとっては不満が募る活動(笑)(東名阪以外の地方ワンマンは2012年に行った「JPN」ツアーが最後) アルバム『LEVEL3』が素晴らしい出来だったので、第5回目のランキングで初めて1位の座を逃して以来、久々に前回1位としましたが、ライブ活動面においての不満が大きすぎて再び2位以下に。強めの言い方になってしまいますが、ただでさえ海外進出によって国内ワンマンが減りつつあるのに、久々の地方公演が対バンでしかも小箱(小さい規模の会場)とか何考えてるんだろう…と思ってしまいます。ファンならワンマンライブが見たいと思うのは当然ですし、ワンマンライブを見る為には東京や大阪まで遠征しなくてはならないというのは少し傲慢な気がします。今後、全国ワンマンツアーをやらない限り、再びPerfumeが1位になる事はないでしょう。

所属レーベル: Perfume Records / UNIVERSAL J
最新曲: 「Sweet Refrain」(ニューシングル / 発売中)

人間と動物(初回生産限定盤)(DVD付)

3位:電気グルーヴ

前回から1ランクアップ。(最高位更新)
1989年に結成されたテクノポップユニット…というと今では女性3人組のあの人達を連想しそうですが、こちらは四十路のおじさま2人(石野卓球ピエール瀧)によるユニットです。Wikipediaにはバンドと書いてありますが。今年2014年は電気グルーヴ結成25周年ということで公式サイトにも「今後さまざまな活動を予定しておりますので、本年度も電気グルーヴの動きに是非ご注目ください。」と書いてありますが、現時点ではフェスやイベント出演のみで特にこれといった活動は無し。それなのにランクアップした理由はやっぱり飽きない、それどころかどんどんハマっていくという。個人的にはやっぱり『A』『VOXXX』『人間と動物』あたりのアルバムが好きですが、他のアルバムの曲にもたまに当たりの曲が入っているのでどの時代の曲も幅広く聴けます。10年以上前の曲でも新鮮な感覚で聴けるのがすごい。自分がリアルタイムで聴いてないからというのもあると思いますが。昨年2月にリリースしたアルバム『人間と動物』と、発売日から始まった全国ツアー『ツアーパンダ2013』(初日となる福岡公演に行きました)、そしてライブDVD/Blu-ray『人間も動物』、そしてそしてそれの初回盤に付属するライブの音源を全編そのままCDに収録したもの、どれも素晴らしい。アルバム『人間と動物』自体が3年半ぶりのアルバムだったようなので次回作もいつになるか分かりませんが、当分は楽しめそうです。

所属レーベル: Ki/oon Music / Sony Music
最新曲: 「Missing Beatz」(ニューシングル / 発売中)

LoVe SHouT! [通常盤]

4位: モーモールルギャバン

前回から1ランクアップ。(最高3位)
2005年に京都で結成されたロックバンド。数度のメンバーチェンジを経て、2007年12月に現在のドラムボーカル・キーボード・ベースという編成に。現在までにアルバム4枚、シングル2枚(うち1枚はライブDVD+シングルCD)、ライブDVD1枚をリリースしており、Zepp Tokyoでのワンマンライブをソールドアウトさせるなど、メディアへの露出は少ないながらもロックファンから根強い人気を誇るバンド…だったんですが、今年元日に突如、既に発表されていた全国ツアーを最後に「ライブ活動無期限休止」を発表。解散ではないのがせめてもの救いなんですが、モーモールルギャバンはライブ活動が中心のバンドだったので実質活動休止のようなものですね。結局、最新アルバム『僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ』でハマって以降、シングル「LoVe SHouT!」がリリースされたのみで、5枚目のアルバムを聴くことはできませんでした…残念。ですが、現在敢行中の全国ツアーの熊本公演(2月2日)は最高でしたし、来月4月27日には福岡公演にも行く予定です。それでしばらくモーモーのライブが見られなくなると思うと寂しいですが、楽しんで帰りたいと思っています。一日も早い活動再開を願っています。

所属レーベル: Getting Better / Victor Entertainment
最新曲: 「LoVe SHouT!」(ニューシングル / 発売中)

CAPS LOCK(初回限定盤)

5位: CAPSULE / 中田ヤスタカ

前回から3ランクアップ。(最高2位)
Perfumeきゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーとしても知られる中田ヤスタカが、1997年にボーカル・こしじまとしこと結成し、2001年にデビューした2人組ユニット。昨年秋にヤマハミュージックコミュニケーションズ内の自主レーベル“contemode”から、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル“unBORDE”に移籍し、同時にユニット名を大文字表記に変更(capsuleCAPSULE)し、アルバム『CAPS LOCK』をリリース。それまでのエレクトロ路線とは大きく異なるアンビエントな室内音楽風の路線になっていて、第4期への突入を予感させる内容になっています。個人的見解ですが、第1期が『ハイカラ ガール』(2001年)、第2期が『CUTIE CINEMA REPLAY』(2003年)~『L.D.K. Lounge Designers Killer』(2005年)、第3期が『FRUITS CLiPPER』(2006年)~『STEREO WORXXX』(2012年)かなと。ランクアップの理由はCAPSULEとしてではなく中田ヤスタカとして考えたため。CAPSULEは年に1枚アルバムをリリースするのが基本的なペースなので。次回作も『CAPS LOCK』のような路線になるのか、それともまたもや全く違う音楽性のアルバムになるのか気になります。

所属レーベル: unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン
最新曲: 「CONTROL」(ニューアルバム『CAPS LOCK』収録曲 / 発売中)

フロントメモリー

6位: 神聖かまってちゃん

前回から3ランクダウン。(最高1位)
2008年に結成された千葉県在住の4人組ロックバンド。ボーカル・の子の予測不能の行動(動画配信サイトでの自宅配信やライブ配信、2ちゃんねるでの自作自演活動、ライブ中に流血・全裸・放尿など)で主にネット上で話題を集め、2009年に「SUMMER SONIC 09」に一般公募枠で出演し、2010年にミニアルバム『友だちを殺してまで。』でCDデビュー。NHKMUSIC JAPAN」にも出演し、同年末にはメジャーデビューも決定。2011年にはアルバム『8月32日へ』をリリースし、TBS「カミスン!」に出演した際に、の子の数々の奇行(歌唱を完全放棄し、カメラになるとを貼り付け、演奏後にMCの中居正広の元に駆け寄り、中居正広を困惑させる等)がネット上で放送事故として話題に(「カミスン!」には翌々週に「やり直し」として再度出演)。そんなの子は昨年アルバム『神聖かまってちゃん』でソロデビュー。神聖かまってちゃんの楽曲をサポートメンバーを迎えてソロ名義でセルフカバー…という迷作…意欲作。ドラムのみさこは相変わらずアイドルグループ「バンドじゃないもん!」としての活動を並行しており、キーボードのmonoとベースのちばぎんは特にこれといった活動はなく。結成5周年記念として昨年行なった全国ツアーは熊本まで足を運びましたが、機材トラブルでボーカル・の子のテンションが低くお世辞にも良いライブとは言えないものでした。今年は「神聖かまってちゃんマニフェスト2014」として、3枚組DVDリリース、3ヶ月連続シングルリリース、ニューアルバムリリース、全国ツアーを目標としており、3枚組DVDと第1弾シングルのリリースは決定しているので、あとはニューアルバムと全国ツアーに期待しています。

所属レーベル: unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン
最新曲: 「フロントメモリー」(ニューシングル / 4月9日発売予定)

恋と革命とアーバンギャルド

7位: アーバンギャルド

前回から5ランクダウン。(最高1位)
2009年にアルバム『少女は二度死ぬ』(初の全国流通盤)でCDデビュー。2011年にシングル「スカート革命」でメジャーデビューを果たし、2012年には初の全国ツアーを敢行。同年、2ndアルバム『ガイガーカウンターカルチャー』をリリースし、2度目の全国ツアーを敢行。2013年に初のベストアルバム『恋と革命とアーバンギャルド』をリリースし、フジテレビ「MUSIC FAIR」に出演。3度目の全国ツアー(過去最大級)を敢行…と、ここまでは順調だったのですが、全国ツアー終了直後にキーボード・谷地村啓の脱退が発表。殆どの楽曲のプログラミングを担当していた人物なだけに、今後の楽曲制作面でどうなるのか心配。そして昨年末の東名阪ツアーでライブ活動休止を発表していましたが、5月3日のワンマンライブでライブ再始動。3月20日には五大重大発表があるらしいので今はそれに期待ですね。

所属レーベル: ユニバーサルJ
最新曲: 「都会のアリス」(ベストアルバム『恋と革命とアーバンギャルド』収録曲 / 発売中)

INSUROCK【DVD付初回限定盤】

8位: SAKANAMON

前回から1ランクアップ。(最高位更新)
2007年12月に結成。2011年にミニアルバム『浮遊ギミック』でインディーズデビューし、2012年に1stフルアルバム『na』でメジャーデビュー。今年2月にリリースされた2ndフルアルバム『INSUROCK』でオリコン初登場17位を記録し、初のTOP20入りを果たすなど、着実に人気を獲得しつつあるロックバンドです。全国ツアーの福岡公演(4月20日)行く予定。あの3人の緩くて和めるMCを生で見られると思うと楽しみ。もちろん演奏も楽しみですが。飾り気のない音楽性と文学的な歌詞が魅力です。

所属レーベル: Getting Better / Victor Entertainment
最新曲: 「TOWER」(ニューアルバム『INSUROCK』収録曲 / 発売中)

MATATABISTEP / あの青と青と青(初回限定盤)

9位: パスピエ

前回から2ランクダウン。(最高7位)
2009年に結成、2011年にミニアルバム『わたし開花したわ』でインデューズデビュー、2012年にミニアルバム『ONOMIMONO』でメジャーデビュー。昨年6月にリリースした1stフルアルバム『演出家出演』はオリコン初登場11位を記録し、ライブチケットは毎回ソールドアウトしているほどの人気ぶり。東名阪ツアーの追加公演として地方8ヶ所でのライブが決まり、それも全てソールドアウトしたほどなのでその人気は相当だと思います。自分もまさかここまで売れるとは思ってなかった。昨年12月の福岡公演が初パスピエでしたが、異常な客入りと盛り上がりでした。正直ほとんどステージ見えなかったんですが、それでも楽しかったです。また福岡でのライブがあれば行きたい。3月26日にはニューシングル「MATATABISTEP / あの青と青と青」のリリースも決定しています。久々の新曲なので楽しみですね。

所属レーベル: unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン
最新曲: 「MATATABISTEP」(ニューシングル / 3月26日発売予定)

TOWN AGE

10位: 相対性理論

前回圏外から7ランクアップ。(最高2位)
2006年9月に結成されたバンド。初期はメディアへの露出を一切行わず、素性が全くの謎でしたが、ボーカル・やくしまるえつこがソロデビューした辺りから少しずつ露出が増えて謎めいたイメージは無くなりつつあります。2012年にベーシストとドラマーが脱退、現在は7人組バンドに。昨年7月にオリジナルとしては3年ぶりとなるニューアルバム『TOWN AGE』をリリース。現体制では初めてのアルバムということで最初は「真部脩一(元メンバーで大半の曲を作曲していた)のいない相対性理論なんて…」と思っていたのですが、少しずつハマってきて今ではアルバム4枚の中で一番好きかもしれないくらいハマってます。MVも制作されているリード曲「YOU & IDOL」が特に好き。

所属レーベル: みらいrecords
最新曲: 「YOU & IDOL」(ニューアルバム『TOWN AGE』収録曲 / 発売中)

STARMANN(初回生産限定盤)(DVD付)

11位: YUKI

前回から3ランクアップ。(最高6位)
もはや説明不要の女性シンガーですね。1992年にJUDY AND MARYのボーカルとしてデビューし、2002年にソロデビュー。女性として初めてバンドとソロの両方で東京ドーム公演を行った歌手ということからもその人気の不動さが伺えます。YUKIは「うれしくって抱きあうよ」(2010年)の頃から聴き始めたんですが、その次のアルバム『megaphonic』(2011年)が一番お気に入りです。それ以降はシングル3枚のみのリリースに留まっているので、早く次のアルバムが聴きたいですね。あとはライブにも一度は行ってみたい。

所属レーベル: Epic Records / Sony Music
最新曲: 「STARMANN」(ニューシングル / 発売中)

乙女失格。

12位: 南波志帆

前回圏外から4ランクアップ。(最高6位)
福岡県出身の女性シンガー。2008年にミニアルバム『はじめまして、私。』でインディーズデビュー、2010年にミニアルバム『ごめんね、私。』でメジャーデビュー。内澤崇仁(androp)、山口一郎(サカナクション)、小出祐介(Base Ball Bear)、津野米咲(赤い公園)、YUKI伊澤一葉(ex.東京事変)、秦基博末光篤コトリンゴAxSxEなど豪華な作家陣からの楽曲提供が多いのが特徴的。また、「マジックボイス」とも称される独特のウィスパーボイスも魅力。2012年12月にリリースされた2ndフルアルバム『乙女失格。』以降、リリースが途絶えていますが、先月タルトタタンとのコラボユニット『ナンバタタン』としてミニアルバム『ガールズ・レテル・トーク』をリリース。正直タルトタタンはあまりにもメンバーチェンジが激しすぎてついていけてないので、南波志帆ソロで聴きたかったなーというのが本音ですが、なかなかの良盤でした。

所属レーベル: PONY CANYON
最新曲: 「MUSIC」(ニューシングル / 発売中)

Yellow Magus(DVD付)

13位: cero

今回が初登場。
2004年に結成された3人組バンド。バンド名はContemporary Exotica Rock Orchestraの略。まだ詳しくないのですが、「COUNTDOWN JAPAN 13/14」の特番を流し見していて気になったのがハマったきっかけ。自分にはまだ少し大人な音楽すぎるかなーという気がしますが、とりあえず「Contemporary Tokyo Cruise」「マイ・ロスト・シティー」「Yellow Magus」はすごく好き。いわゆるインディー・ポップ系ですかね。そういえば何故かファミマで「Yellow Magus」が流れてるのを聴きました。割と推されてるんですかね。とりあえず今後の動向に期待。

所属レーベル: カクバリズム
最新曲: 「Yellow Magus」(ニューシングル / 発売中)

P.S.メモリーカード

14位: さよなら、また今度ね

前回から3ランクダウン。(最高11位)
2010年8月に結成された4人組バンド。2013年1月にミニアルバム『菅原達也菊地椋介佐伯香織渋谷悠』でインディーズデビューし、同年9月にフルアルバム『P.S.メモリーカード』をリリース。未だによく分からないバンド。けどなぜか好き。なんとも言えない独特の雰囲気が面白いバンド。そういえばツイッターのプロフィールにも「世界観を大事にしているバンド」とか書いてたなー。良くも悪くも現代っ子っぽいツイートなどはネット時代のバンドという印象を受けます。そういえばテレビ東京JAPAN COUNTDOWN」の今月度のオープニングテーマとして何故か今更『P.S.メモリーカード』の収録曲「僕あたしあなた君」が採用されてますね。まあ、rockin'onが運営するレコード会社所属なので(ry

所属レーベル: JACKMAN RECORDS
最新曲: 「僕あたしあなた君」(ニューアルバム『P.S.メモリーカード』収録曲 / 発売中)

絶対的な関係/きっかけ/遠く遠く(初回限定盤)(DVD付)

15位: 赤い公園

今回が初登場。
2010年1月に結成された4人組バンド。2012年2月にミニアルバム『透明なのか黒なのか』でメジャーデビュー。ギターの津野米咲はSMAP南波志帆などに楽曲提供を行っているほか、無類のポップス好きなようでシングルのカップリングとして小田和正「さよならは言わない」や平井堅「POP STAR」をカバーしていたりもします。また今年2月に発売されたシングル「風が知ってる/ひつじ屋さん」はそれぞれアニメのエンディングテーマと映画の主題歌になっていたり、3月12日に発売されるニューシングル収録の「絶対的な関係」はドラマ主題歌とタイアップ曲も数多く手がけています。そんなことからキャッチーなポップス系のバンドかと思いきや、実際はアバンギャルドオルタナティブなロックサウンドなのが特徴的。メンバーは全員91~92年度生まれというまだまだ若いバンドなのでこれからの飛躍に期待。

所属レーベル: EMI Records Japan / ユニバーサルJ
最新曲: 「絶対的な関係」(ニューシングル / 3月12日発売予定)

次回ランクインが予想されるアーティスト

LOVE ME TENDER(完全限定生産)

Wienners

ボーカル・玉屋2060%が、今回1位に初登場したアイドルグループ・でんぱ組.incに「でんぱれーどJAPAN」「でんでんぱっしょん」「サクラあっぱれーしょん」の3曲を提供。どれも素晴らしい曲なのでWiennersも今後聴き始めるつもり。フジテレビ「FACTORY」でのライブも見ましたが、すごくカッコいい。

以下は好きだけどランクインしなかったアーティストたち

グッドバイ/ユリイカ【初回限定盤】クリープハイプ名作選(初回限定盤A)宇宙の果てはこの目の前にみんなノーマルDon't Stop The Music (初回限定盤:CD+ソノシート)

( サカナクション / クリープハイプ / andymori / ゲスの極み乙女。 / tofubeats )

“ZSelected Ancient Works 2006-2013君の隣 (初回限定仕様)いろはにほへと/孤独のあかつき心/S/サ

( ねごと / avengers in sci-fi / aiko / 椎名林檎 / 植田真梨恵 )

ファンファーレがきこえる / senkou_hanabi【Amazon.co.jp限定】ELAレーベル缶バッチ付?ROCK(初回限定盤A)(完全生産限定豪華盤)ゆめのはじまりんりん(初回限定盤)(ポスターなし)「GOUNN」(初回限定盤)(AMAZON限定絵柄トレカ付き)アラビアの禁断の多数決

( Base Ball Bear / 木村カエラ / きゃりーぱみゅぱみゅ / ももいろクローバーZ / 禁断の多数決 )

period(初回限定盤)ロンググッドバイ空の罠(下)十戒クイズ(初回限定盤)(DVD付)PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary“ALL TIME SINGLES”(初回生産限定盤 )

( androp / きのこ帝国 / 空想委員会 / ハナエ / ポルノグラフィティ )

B'z The Best XXV 1999-2012(初回限定盤)Wake me up (初回限定盤)DVD+CDNEVERLANDあの街レコード変身(初回生産限定盤)(DVD付)

( B'z / 倉木麻衣 / Czecho No Republic / indigo la End / チャットモンチー )

空を見上げても空しかねえよ (完全限定生産盤  忘れらんねえよ×BEAMS T コラボタオル付スペシャルBOX)グーテンベルクの銀河系(生産限定盤)CONTINUE(初回限定盤)(DVD付)雪降る夜にキスして(初回限定盤A)

( 忘れらんねえよ / タルトタタン / MEG / バンドじゃないもん! )