ryo*k901

by ⊿ / since 2009.10.17

【CDレビュー】2014年11月発売分

【レビュー済み】

【未レビュー】

※原則、入手してから2週間後以降にレビューします。

 

  • 2014.11.26 でんぱ組.inc 「でんぱーりーナイト」 購入
    1. でんぱーりーナイト [作詞・作曲:玉屋2060% / 編曲:釣俊輔、玉屋2060%]
    「Check a でんぱ!」のリフレインが印象的なサンバ調のイントロから始まるアップテンポナンバー。発売直前まで曲もMVも公開されず、「いままでのでんぱ組.incにはなかった、まるでファンタジーの世界に迷い込んだような、オーケストラ&マーチングで構成されたサウンドの楽曲」といった紹介がなされていました。そして、いざMVが公開されるとファンの間では賛否両論の嵐が巻き起こるという。本当に今までのでんぱ組.incの楽曲とは一線を画する曲だったのです。MV公開前から各メンバーがこの曲を大絶賛していただけあり、期待値が上がりすぎていたんでしょうね。ただ、自分は「でんぱ組.incらしさ」という謎のマンネリズムを打開する意欲曲だと思いました。そもそも「でんぱ組.incらしさ」って何?メンバーがこの曲をTwitter等で紹介する時、よく「道化師の光と影」について言及していました。1番のサビ後の一旦クールダウンするフレーズではその「影の部分」が表されています。本来アイドルは「光の部分」しか見せないのが当たり前だったのに、でんぱ組.incは「影の部分」も包み隠さず見せてくれるので親しみが持てます。それにしても本当に玉屋2060%氏が提供するでんぱ曲(「でんぱれーどJAPAN」、「でんでんぱっしょん」、「サクラあっぱれーしょん」、「でんぱーりーナイト」)はどれもいい。確かに過去の玉屋曲に比べると毛色の違う楽曲ではあるが、ラストにかけての切なさ、例えるならパーティーの真っ最中に感じる「終わりの近さ」に泣けるようなそんな感じ。最後の「twinkle twinkle your paradise」のフレーズなんてもう涙なしには聴けない大団円ですよ。こんなに明るくて楽しい曲なのになんでこんなに切なくなれるんですかね。
    ★★★★★★★★★☆ 9.5

    2. バリ3共和国 [作詞・作曲・編曲:浅野尚志]
    自身初の地上波冠番組「でんぱジャック -World Wide Akihabara-」オープニングテーマ。浅野尚志氏は過去に「なんてったってシャングリラ」を提供した人物。このワチャワチャした感じは同曲に通じるものがあります。「でんぱーりーナイト」MV公開時は、ファンの間ではこちらのほうが人気のようでしたが、今はどうなんでしょう。確かにこちらのほうが今までのでんぱ組.incっぽい曲ではあります。歌詞もでんぱ組の過去というかキャラを理解した上で作詞されているのが伝わってきて良い。「どんなに リアルがだめだって この街は君を待ってるから」とか「人生という海原におぼれ 気づけばここに辿り着いていた! 紆余曲折あったこそ 今があるのさ 儲けモン!」という辺りは、人生に絶望し、秋葉原に辿り着いたでんぱ組6人のことを歌っているようで、それを今でんぱ組本人が歌うことで、今そういう思いをしている人に対してエールを送っているように聴こえます。これは「でんぱーりーナイト」にも言えることですが、各メンバーの歌割りがすごく考えられてていいですね。大サビ前の「僕らの新たな太陽」をえいたそに歌わせたのはもうえいたそに歌わせる前提でこの歌詞にしたとしか思えない。あとこの曲はMVが素晴らしいです。過去に「でんでんぱっしょん」「サクラあっぱれーしょん」「ちゅるりちゅるりら」といった名MVを制作してきた志賀匠氏によるもので、歌詞を忠実に再現したMVになっていて見ていてかなり面白いです。ちなみに「バリ3」というのは電波の強さを示す針が3本すべて立っている状態を示しているそうです。
    ★★★★★★★★★☆ 9.5

    【初回限定盤Cのみ】
    2. Phantom of the truth [作詞:モリモトコージ / 作曲:蔦谷好位置 / 編曲:横山浩章]
    ゲームアプリ「ファントム オブ キル」テーマソングとして書き下ろされた楽曲。バンドサウンドが強調されたロック調のナンバーになっています。メンバー(特にえいたそ)が曲に合わせてかなり声を作って歌っているところが聴きどころ。蔦谷好位置氏はでんぱ組.incのみならず様々なアーティストに楽曲提供されている方なので説明不要ですが、でんぱ組には過去に「VANDALISM」というとんでもない楽曲を提供している人物。それに比べると少しパンチが弱い気もしますが、曲の随所で繰り返される「I just killed the Phantom of my soul I just killed the Phantom of my heart I just killed the Phantom of myself I'm … the only one」のフレーズは耳に残ります。ここまでバンドサウンドが強調されているので是非「でんでんバンド」と共に披露して欲しいですね。
    ★★★★★★★★☆ 8.5

    でんぱーりーナイト(初回限定盤A)でんぱーりーナイト(初回限定盤B)でんぱーりーナイト(初回限定盤C)でんぱーりーナイト(通常盤) ★★★★★★★★★ 9.0