ryo*k901

by frugra / since 2009.10.17

Perfume 全作品紹介【その3・2008~2009『⊿』】

第3弾は2008年「love the world」から2009年『⊿』までを紹介していきます。
曲名横の数字は全楽曲リストとしてナンバリングしたものです。通算何曲目の楽曲か、というのを分かりやすくしたつもり。
また、アルバム未収録曲には★印をつけていますので、全楽曲をコンプリートしたい方はそちらを参考にしてください。
(こちらもどうぞ → Perfume 全楽曲リスト - ryo*k901
(その2はこちら → Perfume 全作品紹介【その2・2007~2008『GAME』】 - ryo*k901

 

2008年

love the world(通常盤)7thシングルlove the world
2008年7月9日発売

  1. love the world [030]
  2. edge [031]
  3. love the world -original instrumental-
  4. edge -extended mix-

【収録アルバム】
love the world/edge (⊿-mix):⊿/Perfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"/Perfume The Best "P Cubed"

前作「Baby cruising Love / マカロニ」から6ヶ月ぶり、『GAME』から3ヶ月ぶりの7thシングル。
love the world」は発売当時あ~ちゃんが「右から左~な感じの曲です」と冗談っぽく言っていましたが、確かに一度聴いただけではそうなってしまいかねないほど聴き心地の良い楽曲になってはいるものの、実はこの曲とんでもない曲だと勝手に思ってます。聴けば聴くほど、といいますか。こんな複雑怪奇な曲、そうそうないぞ?!と思うほど。是非インストゥルメンタルで聴いてほしいのですが、ボーカルありだと聴こえなかった細かい音色がぎっしり詰まっていて、作り込みの細かさに驚かされます。Cメロ「Have a nice day」からの展開が本当に素晴らしい。微妙に全部のサビでメロディを変えているところも芸が細かいというかなんというか…変態性の高いポップス!ライブで盛り上がりにくいというか盛り上がっているのを伝えづらい曲wなので、あまり披露されなくなってしまいましたが…どんどんやってほしい…。
c/w「edge」は当時発売直前に音源が流出したのを聴いた自分が「え、これ大丈夫なの?」と本気で心配したぐらい攻撃的かつ挑戦的な楽曲。けどKOSEのCMソング(上戸彩出演)に採用されちゃったぐらいだから、当時のPerfumeの勢いがとんでもなかったということが分かります…。「だんだん気になる好きになる気になる」のフレーズが催眠のように繰り返されたり、「誰だっていつかは/死んでしまうでしょ/だったらその前にわたしの/一番硬くてとがった部分を/ぶつけて see new world(死ぬわ)」といったダークすぎる歌詞が印象的。ライブでは2008年の「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」や、2009年の「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」などで披露される度にグレードアップされ、2009年7月にリリースされた3rdアルバム『⊿』では「⊿-mix」として収録。オリジナルバージョンと4曲目のextended mixはアルバム未収録となっており、このシングルでしか聴けません。人によってはこの通称無印バージョンやextended mixが一番シンプルでいいという人もいるので聴き比べてみるのもいいかもしれません。リアルタイムで楽曲が進化していくのを体感してきた自分としてはやっぱり「⊿-mix」が最終完成形といった印象がありますが。ちなみにPerfumeの楽曲がextended mixとして収録されているのは2020年現在この「edge」だけ。他のシングルは毎回「Original Instrumental」しか収録されていません。*1

(画像をクリックorタップで「love the world」のMVが視聴できます)

 

Dream Fighter8thシングルDream Fighter
2008年11月19日発売

  1. Dream Fighter [032]
  2. 願い [033]
  3. Dream Fighter -Original Instrumental-
  4. 願い -Original Instrumental-

【収録アルバム】
Dream Fighter:⊿/Perfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"/Perfume The Best "P Cubed"
・願い (Album-mix):⊿

前作「love the world」から4ヶ月ぶりの8thシングル。
Dream Fighter」は、発売直前の11月6日・7日に自身初となる日本武道館公演2daysを開催した際に初披露された楽曲。その後の「夢追い人」というPerfumeのイメージを決定づけたある意味、呪縛のような楽曲w ヤスタカがこんなにストレートなメッセージ性の強い楽曲を書くとは…と発売当時も思いましたし、今聴いても驚かされます。ヤスタカは「なんかいい人みたいになっちゃうから本当はすぐ『嘘でした!』って曲を出したかった…」的なことを当時語っていましたが…きっと照れ隠しだったのでしょう。個人的にはあまりにもストレートすぎて聴いていて苦しくなってしまうのでそこまで好きな楽曲ではないです…。ひねくれててすみません。当時のヤスタカが多用していた歪ませまくったシンセベースが個人的には唯一の聴きどころ。ライブでは正直もうお腹いっぱい。メンバー曰く「からし色」の衣装が映える全面黒背景で踊るだけのシンプルなMVはカッコいい。
c/wの「願い」は、当時最遅BPMだった「マカロニ」をさらに更新し、BPM80のピアノバラード。合唱曲としても使えそうなほどシンプルなメロディに乗せて歌われる、当時の3人の心情を思わせる歌詞が響く一曲。2009年7月に発売された3rdアルバム『⊿』には元々オリジナルバージョンのまま収録予定だったものの、2009年5月に行われたライブ「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」で披露されたのを見たヤスタカが感動のあまり締切間近にも関わらず急いでAlbum-mixとしてアレンジしたという逸話も。という経緯もあり、オリジナルバージョンはアルバム未収録。Album-mixではカットされたピアノソロの後奏が感動的。「Dream Fighter」も「願い」も当時はストレートすぎていまいち好きになれなかったけど「願い」は今聴くと割といいな…。

(画像をクリックorタップで「Dream Fighter」のMVが視聴できます)

*1:例外として、2018年発売のシングル「無限未来」c/w「FUSION」は唯一「Original Instrumental」が収録されませんでした